印刷の知識を付ける|町中の広告を作ろう!

sample color

どういうものなのか

印刷機

大判出力印刷が、私達が街中でよく目にする、大きな広告に使われているものだというお話をしましたよね。では大判出力印刷とは、一体どういうものなのでしょうか?このページでは、大判出力がどういうものなのかというお話をしていきますね。まず、大判出力印刷とは、一般のプリンターや印刷機などでは印刷できない、大型の印刷を必要とするものを作る際に使われるんです。データから、大きなサイズの印刷物を、、大判インクプロジェッタという大判出力印刷機で、印刷していきます。普通の印刷機は、大きさが限られていますが、大判出力印刷なら、幅が5メートルのものまで、対応することができるんです。私達が想像する印刷機とは、そんな大きなものが印刷できなかったり、印刷できるものの限界サイズが決まっているイメージですよね?ですが、大判出力印刷だと、5メートル幅のものまで対応することができるので、私達が街中で見ている大きな広告、横断幕なんかも、大判出力印刷を使って、作られている様なんです。大判出力印刷をして、広告になる前に、大きな広告である分、雨や外的ダメージを受けやすいものでもあるので、表面加工、裏面加工、周囲加工等の作業を行い、耐色性や耐久性のしっかりしたものに仕上げるそうなんです。大きな広告を作る際は大判出力印刷で作り出すことができ、雨や風などの外部からのダメージに強いものを作ることができ、丈夫なものを専用機械で作れます。。

大きな広告

印刷

広告はお店や商品などの情報を得ることができます。また、看板やモニターで流れているもの以外でも、チラシやコマーシャルも広告の一つです。その中でも街で良く目にする大きな看板広告は、大判出力印刷で作ることができます。

詳しくはこちら

大きいものは宣伝効果大

sample color

街中の大きな広告は、通常のプリンターで印刷するのは難しいといえます。そのため、大きなものを作るには大判出力印刷が必要です。大きなものとなると高い費用が掛かるイメージがあります。ですが、大判出力印刷はコストを抑えられます。

詳しくはこちら

インクの話

ノベルティ

大きな広告を作る際は大量にインクを使います。また、街中にある広告は発色の良いものが多く、太陽の光や雨などで消えるということはありません。広告で使う色も豊富で、人の目に止まるものが作れます。

詳しくはこちら